「旬八青果店」を運営する株式会社アグリゲート、株式投資型クラウドファンディングを通じた資金調達開始

image credit:株式会社アグリゲート

「旬八青果店」を運営する株式会社アグリゲート、株式投資型クラウドファンディングを通じた資金調達開始

uniqorns編集チーム 2023.08.08

株式会社アグリゲートは、都市型八百屋「旬八青果店」を運営しており、仕入から販売までを一貫して行うビジネスモデルで青果の粗利率約50%、1平米あたり年商300万円超の店舗も展開している。

同社は、産地と消費者をつなぐため、バイヤーが全国各地を回り、各地のスポットライトが当たり切っていないおいしい青果を産地直送で仕入れたり、大田市場で毎朝仕入れも行っている。これまでの事業拡大に加え、新たな資金調達を行っている。

株式会社アグリゲートは、株式投資型クラウドファンディングサービスの「イークラウド」を通じ、最大6,000万円の資金調達を開始している。今回の資金調達は、旬八青果店を起点としたSPF事業(仕入・物流・製造・販売事業)などに充てられ、仕入、採用育成、新店舗出店などに使用される。募集期間は、2023年8月8日(火) ~ 8月28日(月)で、目標募集額は1,000万円(上限募集額:6,000万円)となっている。

アグリゲートは、今後の事業の加速と共感の拡大を目指し、個人投資家が約10万円からスタートアップ企業に投資できる「株式投資型クラウドファンディング」を利用した資金調達に挑戦する。今回株主となっていただいた方には、店舗やオンラインストアでの買い物が楽しめる株主向け優待割引のほか、旬八の野菜果物セットや厳選果物ギフトが受け取れる特典を用意している。

アグリゲートは、持続可能な食農インフラの構築を目指し、仕入から販売までを一気通貫する「SPF」ビジネスモデルで青果や加工品の販売事業を展開する。同社の粗利率は47%(一般的なスーパー23%)、売場1平米当たり年間売り上げは316万円(同82万円)と高い収益性を生み出しており、今後も事業拡大を狙う。

また、2023年3月にはオイシックス・ラ・大地株式会社との資本業務提携を実施し、全社的な収益率の向上を図ったうえで、出店エリアを拡大し、更なる成長を目指す。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら