がん早期発見に向けた血液検査の開発を行うコウソミル株式会社がプレシリーズAにて資金調達を実施

Image Credits:コウソミル株式会社

がん早期発見に向けた血液検査の開発を行うコウソミル株式会社がプレシリーズAにて資金調達を実施

uniqorns編集チーム 2023.11.29

コウソミル株式会社は、プレシリーズA資金調達を実施し、がん早期発見に向けた血液検査の開発を加速している会社である。Coral Capital、ANRI、グリーンコア株式会社を引受先とした資金調達により、独自技術を用いた疾患早期診断薬の研究開発および国内外の事業展開を進めている。

コウソミル株式会社は、「1分子計測リキッドバイオプシー」技術の社会実装を担うスタートアップ企業である。独自技術は、血液中の「酵素の働き」を「1分子レベル」の超高感度で評価できるものであり、リキッドバイオプシー検査の一種である。本技術は、遺伝子・タンパク質の量より表現型に近い酵素活性を評価することで、疾患の早期発見に適している。また、わずかな血液で測定できる点も在宅検査に応用できる大きな強みである。

コウソミル株式会社は、膵臓がんの早期リスク検査を2024年に販売予定だ。膵臓がんは一般に自覚症状が現れにくいため、早期発見が非常に難しいがんであり、手術できる方は限られている。コウソミル株式会社は、本技術を用いて、ステージ0-IIの早期膵臓がんを高い感度/特異度で検出できることを臨床研究により確認している。この技術により、早期発見と膵臓以外の臓器の精密検査の省略が期待されている。

また、コウソミル株式会社は、今回の資金調達を通じて、膵臓がん検査薬の臨床開発・事業開発を加速するとともに、他のがん種やがん以外の疾患を含めた早期診断薬の開発、在宅検査キット開発を進めている。

コウソミル株式会社の取り組みは、多くの投資家から支持を受けている。Coral Capitalのパートナーである西村賢氏は、コウソミル社の技術を支援できることを喜んでおり、ANRIのプリンシパルである宮﨑勇典氏は、コウソミル社の目指す早期診断の世界実現に期待を寄せている。
また、グリーンコア株式会社の代表取締役である本庄竜介氏も、コウソミル社のミッションとチームワークに感銘を受け、支援を行っている。

コウソミル株式会社ウェブサイト

コウソミル株式会社採用サイト

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら