インドのEVライドヘイリング会社のSnap-E Cabs、車両拡張のために250万ドルを調達

Image Credits:Snap-E Cabs

インドのEVライドヘイリング会社のSnap-E Cabs、車両拡張のために250万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.02.05

Snap-E Cabsがさらに250万ドルの資金調達を実施した。
2022年にMayank BindalとJaydip Mukherjeeによって設立されたSnap-Eは、ゼロエミッションを実現した「環境にやさしい電気自動車の輸送サービス」を提供している。現在、インドの東部都市コルカタで600台の電気自動車を運営しており、この財政年度の終わりまでに300〜400台の追加を目指している。

また、その次の財政年度の終わりまでにさらに3つの都市にサービスを拡大し、2,000台のEVを追加することを目指している。

この拡大計画は、インド政府の2030年までにEVが自動車販売の30%を占めるというイニシアチブに合致している。これにより、Snap-EやBluSmartなどのスタートアップは、ライドヘイリング市場での存在感を高めるための先駆者的な優位性を持っている。

Inflection Point VenturesをリードとするプレシリーズAラウンドにより、Snap-Eは新たに250万ドルの資金を調達した。Inflection Point VenturesのマネージングディレクターであるRahul Waghは、国家および州レベルでの政府の政策が「インドでの電動車の普及を促す環境を作り出している」と述べた。
拡大計画に加えて、Snap-Eは新たなサービスの開始や人材の採用に資金を活用する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら