インドのKitchens@がシリーズC資金調達で6500万ドルを調達

Image Credits:Kitchens@

インドのKitchens@がシリーズC資金調達で6500万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.23

Kitchens@は、インドを拠点とするクラウドキッチンスタートアップで、ロンドンに本拠を置く投資会社FinnestからシリーズCの資金調達で6,500万ドルを確保した。

このスタートアップは、Domino's、Subway、Taco Bell、Nando'sなどのフードチェーンに対して、インフラ、テクノロジー、オペレーションサポートなどの一連のサービスを提供し、彼らの拡大を支援している。

Kitchens@は、インドの6つの都市で700のキッチンを展開している。
調達資金は、顧客の待ち時間を最小限に抑えるために、オンライン注文とプレミアムなダインイン体験を組み合わせたハイブリッドモデル「Dinerium」の拡大に使用される。

また、Kitchens@は、インド市場における確立されたレストランブランドの買収と統合を通じてロールアップビジネスを計画している。
この会社は最近、シェアスワップの取引を通じてSwiggyのクラウドキッチン事業を取得した。コスト削減のためにSwiggy Access Kitchensを売却したバンガロール拠点のフードデリバリープラットフォームは、合意の一環としてKitchens@の株主になった。

買収後、Kitchen@の総商品価値(GMV)は6,500万ドルになった。このスタートアップは、2023年9月までにその数字を1億ドルに引き上げることを目指していると述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら