インドネシアの農家の収量増加を支援するため、SG企業DayaTaniが230万ドルのシードマネーを獲得

Image Credits: DayaTani

インドネシアの農家の収量増加を支援するため、SG企業DayaTaniが230万ドルのシードマネーを獲得

uniqorns編集チーム 2024.01.16

シンガポールのアグリテック・スタートアップ DayaTaniは、Ascent Venture Groupをリードインベスターとし、KBI Investment、MDI Ventures、Northstar Ventures、BRI Ventures、およびGentree Fundが参加したシードラウンドで230万ドルを調達した。

DayaTaniは2023年に設立され、ジャワ島全域に研究開発施設を展開しており、園芸および穀物作物に特化して収穫量を向上させる取り組みを行っている。

同社は、現実世界の条件に基づいて、肥料などのより正確な推奨事項を提供するためのデータサイエンスモデルなど、ハードウェアおよびソフトウェアの開発に取り組んでいます。そして、これらの製品を農家に利益分配モデルで提供している。

最近、DayaTaniは、アプリとWhatsAppを介してアクセス可能な半生体農学チャットボットを導入した。このツールにより、農家は農業に関する質問をすることができ、正確な作物の問題診断のためのマルチモーダル機能を利用することができる。

Microsoftシンガポールと提携して、DayaTaniは農業のニーズに合わせた他のチャットボットも開発している。
DayaTaniは、Java全域に100以上のIoTデバイスを展開し、位置特定の天気情報を提供する天気観測ネットワークを1年以内に構築する計画である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら