インドネシアのInvestreeがシリーズDで最大2億3100万ドルを獲得、中東に進出

image credit:Investree

インドネシアのInvestreeがシリーズDで最大2億3100万ドルを獲得、中東に進出

uniqorns編集チーム 2023.10.04

Investreeは、シリーズDの資金調達を通じて、最大2億2080万ユーロ(2億308万ドル)を調達する予定である。この資金調達により、ドーハに合弁企業(JV)を設立することで、インドネシアのオンライン融資会社であるInvestreeは、JTA International Holdingと協力した。JTA International Holdingが資金調達ラウンドを主導し、既存の投資家であるSBI Holdingも参加した。この合弁企業は「JTA Investree Doha Consultancy」と呼ばれ、インドネシア企業が中東のハブとして、中小企業向けのデジタル融資サービスを提供する役割を果たす。これには、AIベースの信用スコアリングサービスも含まれる。

2015年に設立されたInvestreeは、MSME(中小企業および中小企業向け)向けに4つの融資商品を提供している。融資商品には、請求書ファイナンス、運転資本期間ローン、買い手資金、および小規模生産ローンが含まれます。今月までに、同社は約9億1630万ドルの融資を実施したと主張している。

昨年、Investreeは、シンガポールに本拠を置く大手総合企業であるTolaramの支援を受けるインドネシアの商業およびデジタルバンクであるAmar Bankの18.4%の少数株式を取得した。

Investreeの前回の資金調達ラウンドは、スイスの資産運用会社であるResponsAbility Investmentsからの1,000万ドル調達であり、2021年のオンライン融資プラットフォームのエコシステム内で提案された中小企業の融資ニーズを実現するためのものだった。Investreeは、インドネシアの他にもタイとフィリピンでも事業を展開している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら