インドネシアのLuna、SaaS型小売プラットフォームの開発に向けて新たなラウンドを調達

Image Credits: Luna

インドネシアのLuna、SaaS型小売プラットフォームの開発に向けて新たなラウンドを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.12

インドネシアのLunaは、新たな資金調達ラウンドを行い、SaaSリテールプラットフォームの開発を進めることを発表した。このラウンドは、シンガポールのTNB Auraがリードし、プリシードおよびシード企業を対象とする同社の投資車両であるTNBA Scoutも参加した。

Lunaは、2019年に設立され、レストランやカフェ向けのレジ・会計ソフトウェア、デビット・クレジットカード決済施設、中小企業向けの融資などを提供している。さらに、デジタルマーケティングサービスやその他のビジネス支援も行っている。

Lunaは、これまでにインドネシア全土の70都市で7,000以上のアクティブな加盟店を抱えており、Bank Jawa Barat、CIMB Niaga、Bank Neo Commerceなどの地元銀行、KoinworksやSmartfrenなどのオンライン融資会社、通信プロバイダとのパートナーシップも築いている。今回の資金調達により、Lunaはサービスの拡充、新たな都市への展開、新規採用を行う予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら