インフルエンサーマーケティングツール『Astream』を展開する株式会社A(エース)、三菱UFJ銀行らから6億円を調達

Image Credits: 株式会社A

インフルエンサーマーケティングツール『Astream』を展開する株式会社A(エース)、三菱UFJ銀行らから6億円を調達

uniqorns編集チーム 2023.06.20

東京・渋谷に本拠を置く株式会社A(エース)は20日、デットファイナンスによる6億円の資金調達を実施したと明らかにした。
調達先は三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫、商工中金、きらぼし銀行である。

株式会社Aは、インフルエンサーマーケティングツール『Astream』やSNSマーケティングの支援事業を展開している。中嶋泰氏(現・代表取締役CEO)らにより2017年に創業し、主にファッションブランドやコスメブランドの成長をサポートしてきた。
最近ではD2Cブランディング支援事業やホテル/NFTなどの新規事業の立ち上げにも力を入れている。 インフルエンサーマーケティングでは、フォロワーの”興味関心”や”ブランドの好み”といったサイコグラフィック情報の分析が重要である。

『Astream』はこのような情報の分析を可能にする新時代のAIマーケティングツールで、インフルエンサーとブランドとのマッチングを最適化する。また、SNSマーケティング支援では、マーケティング視点からの施策設計、データドリブンなインフルエンサー選定、施策結果のデータ解析などを一貫して支援している。 一方、D2Cブランディング支援事業では、ブランド設計、市場調査、商品開発、プロモーション、EC運営、カスタマーサポートまで一気通貫でサポートし、クライアントのブランド価値を最大化する。 株式会社Aは、今回調達した資金をもとに、インフルエンサーマーケティングツール『Astream』、SNSマーケティング支援事業、D2Cブランディング支援事業の成長投資、そして新規事業の立ち上げに投じる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら