オープンソースの「ヘッドレス・コマース」ビルダーSaleor、Target GlobalとZalandoが主導する800万ドルのラウンドをクローズ

Image Credits:Saleor

オープンソースの「ヘッドレス・コマース」ビルダーSaleor、Target GlobalとZalandoが主導する800万ドルのラウンドをクローズ

uniqorns編集チーム 2024.02.06

「Saleor」は、オンラインショップを構築するために使用されるオープンソースのヘッドレス電子商取引プラットフォームを開発するポーランドとアメリカのスタートアップである。この企業は、Target Global(RevolutやAuto1などを支援した投資家)と電子商取引の巨大企業であるZalandoを主導とする800万ドルのシードエクステンションラウンドを調達した。Kevin Mahaffey(SNR VC)、Cherry Ventures、およびTQ Venturesも参加している。

SaleorのeコマースAPIは、開発者が独自のフロントエンドを作成する一方で、オンラインショッピングのバックエンドの重要な作業を担当する。

このシードエクステンションラウンドは注目に値するものであり、通常プロプライエタリなソリューションが溢れる中で、オープンソースが電子商取引で注目されていることを示している。Saleorは、Builder.io、BigCommerce、Elastic Pathなどの他の従来型の電子商取引ツールやSalesforceなどの既存のベンダーと競合している。

Saleorは2013年からプロジェクトとして存在しており、2020年に設立されたオープンソースのヘッドレスで組み合わせ可能な電子商取引プラットフォームである。Mirek MencelとPatryk Zawadzkiの創業者のウェブエージェンシーが元々スタートさせ、後に独自のスタートアップとして分離した。現在、このプラットフォームはLushやBreitlingなどのブランドによって使用されている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら