オープンバンキングがフィンテック・ブームを牽引 – Briteが6,000万ドルを調達し、口座間決済が拡大

Image Credits: Brite Payments

オープンバンキングがフィンテック・ブームを牽引 – Briteが6,000万ドルを調達し、口座間決済が拡大

uniqorns編集チーム 2023.10.04

オープンバンキングの進展により、特にEUでは、フィンテックブームが加速した。オープンバンキングの標準により、フィンテックスタートアップはウォレットを作成し、実質的には銀行、あるいは少なくとも「ネオバンク」になることが可能になった。

デジタルウォレットは、世界の電子商取引で最も主要な支払い方法となり、ワールドペイの「Global Payments Report」によれば、49%のシェアを占めている。ただし、アカウント間(A2A)の支払いは好調であり、リアルタイムの支払い手段が利用可能になったことで、2022年におけるグローバルなA2Aトランザクションの取引額は5250億ドルを超えた。

このA2Aブームを利用するスタートアップが増えている。その中には、ストックホルムを拠点とするTrustlyも含まれており、これまでに2,300万ユーロを調達している。

しかし、ストックホルムの別のスタートアップであるBrite Paymentsは、今日、B2Bソフトウェア投資家であるDawn CapitalをリードするシリーズAラウンドで6,000万ドルを調達したことを発表した。ラウンドには、ヘッドライン(旧e.ventures)のグローバルVCヘッドライン(ヘッドライン)のヨーロッパ拠点としての実績、および既存投資家であるスウェーデンのIncoreも参加した。ヘッドラインは、ベルリン、パリ、ロンドンにまたがる複数のシードと成長ファンドからなる(ヨーロッパ、米国、アジア、ブラジル)。

このラウンド以前に、Briteは小規模な非機関投資家であるAgof Investmentsからシードキャッシュを調達しており、同社は[Briteの会長であり、IncoreのCEOでもある]Marcus BlomとNicolai Chamizoによって運営されている。

Briteは2019年に設立され、元Klarnaの重役であるLena Hackelöerによって設立されたが、2022年には飛躍的な成長を遂げ、取引量と収益を2倍にし、利益を上げた。現在、同社のプラットフォームはユーロ圏の25か国で利用可能だが、EUのメンバーではない英国では利用できない。

Dawn Capitalは、iZettle(PayPalに22億ドルで売却)やTink(Visaに20億ドルで買収)など、他のスウェーデンのフィンテックリーダーの早期支援者だった。ヘッドラインは以前に、ブラジルのペイメントインフラストラクチャプロバイダであるPismo(Visaに10億ドルで買収)を支援している。

さまざまなA2Aペイメントプラットフォームが存在し、それぞれ独自の特徴を持っている。ブラジルでは中央銀行がPIXを開発し、カナダではInterac Onlineが、カナダの主要銀行間のプライベートな協力関係で提供される電子商取引の支払いサービスである。さらに、インドの国家支払い評議会とインド準備銀行は、2016年にインドで統一支払いインターフェース(UPI)を立ち上げた。

A2Aペイメントプラットフォームは、クレジットカードと比較して支払い受付のコストを削減し、即時の資金決済を提供するため、特に商店はこれを好んで利用している。消費者も徐々にクレジットカードから、直接クレジットカードの利用やデジタルウォレット、BNPL(後払い)などの新しい代替手段、ポイントオブセールのファイナンスオプションに切り替えているようだ。暗号通貨はまだマイナーな支払い方法である。これまで以上に利用可能なA2A支払いスキームが存在することから、この傾向は今後も続くことが予想される。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら