カメルーンのヘルステックWaspitoが250万ドルのシード契約延長を受け、規模拡大とオフライン患者の開拓に乗り出す

Image Credits:Waspito

カメルーンのヘルステックWaspitoが250万ドルのシード契約延長を受け、規模拡大とオフライン患者の開拓に乗り出す

uniqorns編集チーム 2023.11.22

カメルーンの健康新興企業 Waspito,は、DP World、Newtown Partners、Saviu Ventures、AAIC Investment、Axian Ventures、CFAO’s Health54からの新たな資金調達により、フランコフォン地域での成長を促進するための250万ドルのシード拡張を確保した。

Waspitoは、ユーザー(患者)がビデオ通話を通じて確認された医師とアクセスや相談ができる、健康に特化したソーシャルネットワークである。さらに、自宅でのサンプル採取や薬物の配達も支援している。

同社は、今年の初めにアイボリーコーストに進出し、ハイブリッドモデルを試験導入している。また、昨年の270万ドルのシードラウンドに続く新たな資金調達により、セネガルとガボンにも目を向けている。

ジャン・ロベ・ロベは、Waspitoを2020年初めに創業した。この時期はちょうどCOVIDパンデミックが世界的な健康緊急事態となる直前であり、医療をすべての人にアクセス可能にするという同社の使命をスタートさせるには適切な時期だった。

しかし、Waspitoはテレメディスンに異なるアプローチを取った。予約や予約の必要があるプラットフォームを構築するのではなく、ユーザーが直ちに医師とつながることができるプラットフォームを選択した。

ユーザーがサイトにログインすると、LobeがヘルスケアのFacebookと呼んでいるサイトで、現在オンラインで利用可能な医師のリストから医師を選択できる。また、医師が医学的な検査を推奨した場合、パートナー病院の技術者がサンプル採取に派遣される。Waspitoは、より詳細な検査や入院が必要な患者をサポートするために、いくつかの地元の病院と連携している。

患者は、保険など様々なオプションを通じて相談前に支払いを行う。Lobeによれば、これにより医師が追加の収入のためにオンラインに残ることが動機付けられる。ユーザーはまた、匿名でさまざまな病気のサポートグループに参加して、個別のアドバイスを受けることもできる。

Lobeは、常に医師をオンラインで利用可能にしておくことが、対象国に居住する患者に医師をアクセス可能にする方法の一つだと確信している。最新のデータによると、対象国では10,000人あたりの医師数が2人以下であることが示されている。

今年のVivaTechアワードでは、最優秀ヘルススタートアップに選ばれたWaspitoは、これまでにカメルーンとアイボリーコーストで65万人のユーザーに到達し、950人の医師をオンボードし、6万回の相談を支援してきた。

Waspitoは、プラットフォームを通じて行われる相談の数が増えることを予測しており、アイボリーコーストで試験的に導入しているハイブリッドモデルを展開している。これにより、オフラインの患者にもアクセスできるようになる。

Waspitoは、アイボリーコーストの国営郵便サービスであるLa Poste Corporationの支店ネットワーク内にこれらのクリニックを設置しており、国内全体に広範なカバレッジを持っている。これらの施設で看護師が対応し、患者はバーチャルで医師とつながり、パートナー企業の他の医療サービスにアクセスすることができる。

アフリカの多くのユーザーはまだオフラインであり、インターネットやスマートフォンの費用がかかるため、Waspitoにとっては必要な戦略ですが、アフリカのデジタル経済が拡大し続けている中で、一部の国では投資家の活動が制約されている。Waspitoは、来年の第1四半期末にカメルーンとセネガルでもこのハイブリッドアプローチを導入する予定である。資金調達アドバイザリーファームであるRaisersがWaspitoのアドバイザーとなった。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら