コンピュータビジョンのプラットフォーマーTIGEREYEが3億円の資金調達

image credit:株式会社TIGEREYE

コンピュータビジョンのプラットフォーマーTIGEREYEが3億円の資金調達

uniqorns編集チーム 2023.10.31

株式会社TIGEREYEは、AIによるコンピュータビジョンの先駆けとして、最先端のサービスを提供してきた。その取り組みが評価され、今回の第三者割当増資により、3億円の資金調達を実現した。これにより、TIGEREYEは社会課題の解決に向けた事業展開を加速させることができるだろう。

TIGEREYEの主力サービスである「TIGEREYE COMPUTER VISION FRAMEWORK」は、リアルタイムにクラウドで利用できるコンピュータビジョン技術である。これにより、セキュリティテックや顔認証AIプロダクトなど、多岐にわたるサービスを提供している。これらの技術は、少子高齢化や貧富の差、エネルギー問題、大量消費社会など、多くの社会課題の解決に貢献できるものである。

TIGEREYEの特徴は、複数のコンピュータビジョンモデルを効率的に運用することができる点である。CRM、勤怠管理、レジ、入退室管理など、さまざまなアプリケーションを一元的に提供することが可能。また、コンピュータビジョン技術の導入により、都市や地域の機能やサービスを効率化し、利便性や快適性を向上させることができる。

今回の資金調達により、TIGEREYEは研究開発の強化や新サービスの販売展開を加速させる予定である。TIGEREYEは、技術の進化と社会の発展に貢献することを使命としており、安全で安心な社会の実現に向けて取り組んでいく予定である。
このニュースは、TIGEREYEの成長と将来性を示すものであり、今後の動向に注目が集まるだろう。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら