サイバーセキュリティ企業Lumu、ネットワーク侵入を検知するため3,000万ドルを調達

Image Credits: Lumu

サイバーセキュリティ企業Lumu、ネットワーク侵入を検知するため3,000万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.09.27

Lumuは、企業がセキュリティの侵害を特定し隔離するのを支援するスタートアップであり、本日、Forgepoint Capitalを主導とするシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達したことを発表した。そのうち600万ドルは借入金である。

Lumuの創設者兼CEOであるRicardo Villadiego氏は、新たな資金をアメリカの営業チームの拡大、マーケット戦略のサポート、および研究開発への投資拡大に充てる予定だと述べている。

Villadiego氏は、かつてIBMのラテンアメリカ地域ディレクターを務め、数年間企業のデータ侵害のパターンを研究した後、Lumuを設立した。彼はこれらのデータ侵害に共通する要素として、サイバー犯罪者がネットワークを使用しなければならないことを観察した。

そのため、Villadiego氏はネットワークでの侵害の兆候を継続的に探し、それに対応するための技術を開発した。その技術はLumuに発展し、潜在的なサイバー侵害に対抗するためのさまざまなサービスを提供している。

Lumuはネットワークの脅威を検出し、侵害された資産の詳細、侵害が発生した時期と方法、特定の対応策の提案などを提供する。Lumuを使用することで、顧客は既存のセキュリティツールを使用して一部の防御活動を自動化し、最大2年間のネットワークメタデータを調べて疑わしい活動の兆候を確認できる。

Lumuのアプローチは必ずしも新しいわけではない。Ordr、Cyrebro、Darktrace、Vectraなど、他の多くのベンダーも同様のことを実現している。
しかし、Lumuは需要が持続的に増加している市場に存在している幸運なスタートアップである。Ciscoの調査によると、86%の組織は次の12ヶ月でセキュリティ予算を少なくとも10%増やす予定である。

セキュリティへのVC投資は、逆に言えば、ますます難しくなっている。Crunchbaseのデータによると、2023年第2四半期のセキュリティに対するVCの資金調達額は約16億ドルに減少し、前年比で63%減少している。しかし、Villadiego氏は、Lumuの顧客の勢いを指摘し、この傾向に逆行する可能性があると述べている。2023年9月時点で881件のライブ展開と、年間繰り返し収益の133%の成長である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら