シールドAIが大規模なシリーズFを実施、さらに3億ドルの資本と負債を調達し、評価額を28億ドルに拡大

Image Credits:Shield AI

シールドAIが大規模なシリーズFを実施、さらに3億ドルの資本と負債を調達し、評価額を28億ドルに拡大

uniqorns編集チーム 2023.12.29

防衛ハイテク新興企業 Shield AIは、最新の資金調達ラウンドを追加の3億ドルの自己資本と債務で拡大し、シリーズFの合計額は5億ドルに達したことが明らかになった。

この合計額には、11月に行われた2億ドルの自己資本、シリーズF価格で調達された1億ドルの新たな自己資本、および2億ドルの債務が含まれている。債務提供者はHercules Capitalであり、Shieldは追加の自己資本の出所を明示していない。同社の評価額は、11月の27億ドルから28億ドルに引き上げられた。

Shield AIは、航空機を自律システムに変える「AIパイロット」を構築している。同社の主力製品であるHivemindでは、チームの航空機がリモートオペレーター、通信、またはGPSに依存せずに独立して操作できるようになる。ShieldのCEO兼共同創設者であるRyan Tsengは、この能力を計算力の最近の進歩に負っている。

ベンチャーデットは悪い評判を持っているが、利点もある。特に収益性や事業の成果に到達するために資本を投入する必要がある後期段階の企業にとっては、有効な手段となる。初期段階のスタートアップ企業にとっては最後の手段であることもあるが、後期段階の成長企業にとっては、ベンチャーデットは資本を調達する賢い方法である。

このサンディエゴを拠点とする企業は最近、Hivemindと連携してV-BAT Teamsというソフトウェア製品を発売した。この製品はV-BATドローンのチームが自律的かつ連携してミッションを実行することを可能にする。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら