ステーキングテクノロジープロバイダーのKilnが稀な仮想通貨調達ラウンドで1,700万ドルを調達

Image Credits:Kiln

ステーキングテクノロジープロバイダーのKilnが稀な仮想通貨調達ラウンドで1,700万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.18

フランスの仮想通貨スタートアップKilnは2023年12月に1,700万ドルの資金調達ラウンドを終了した。ラウンドのリードは1kxで、Crypto.com、IOSG、Wintermute Ventures、KXVC、LBankも参加している。
一部の既存の投資家も会社に追加投資を行った。

仮想通貨スペースで有名な企業の中でも、Kilnがどのような存在かは知られていないかもしれない。Kilnはホワイトラベルのインフラ重視製品に特化している。Ledger、Crypto.com、Coinbaseなどの企業は、ノンカストディアルウォレット(Coinbase Wallet、Ledger Liveなど)における共同ステーキングサービスにおいて、Kilnのテクノロジーを利用している。

ステーキングは、仮想通貨資産をブロックチェーンにロックしてブロックチェーンとそのトランザクションを保護することである。ステーキング資産をロックすると、時間の経過とともに報酬を獲得することができる。

Polygon、Solana、Avalancheなど、いくつかのステークベースのブロックチェーンは、ユーザーが仮想通貨資産をステークできるようにしている。しかし、最も大きなステークベースのブロックチェーンは、Ethereumである。Ethereumは2022年9月にこのメカニズムに切り替えた。

Kilnは、ステーキングを容易にするスマートコントラクトのスイートを提供している。基本的に、Kilnはオンチェーンのコントラクトを通じてステーキングをプログラム的に管理する。簡単なトランザクションで、ユーザーはKilnのステーキングプールに参加し、報酬を獲得することができる。Kilnとそのパートナーも手数料を受け取るが、これもスマートコントラクトによって自動的に処理される。

Kilnは設立以来、合計3500万ドルを調達している。同社はステーキング報酬に手数料を取るため、総資産運用額と並行して収益も増加することになる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら