デジタルクローン作成のDelphi、シードラウンドにて270万ドルの資金調達

Image Credits:Delphi

デジタルクローン作成のDelphi、シードラウンドにて270万ドルの資金調達

uniqorns編集チーム 2023.09.21

デジタルクローニングサービスのDelphiが、新たに270万米ドルのシード調達と新しいAIデジタルクローニングサービスの発表を行った。

Delphiは、ボイスクローニングスタートアップElevenLabsとの提携により、性格や書き方、話し方、音声を忠実に模倣したAIチャットボットを作成することができる。

DelphiのAIクローンは、WebサイトやSlackに配備したり、電話番号につないで電話に出たり、電話の相手と会話したりすることができる。また、与えられたプロンプトに対する反応をできる限り忠実に再現し、クローンの中に独自の思考プロセスを再現する。

Delphiは、OpenStoreのCEOであるKeith Rabois氏をリードとする新たな資金調達ラウンドによって資金を調達した。Delphiは、AIクローンを作成することで、個人的なメンターとして利用することができる。また、現在はユーザの許可なしに他人のクローンを作ることも可能である。

Delphiのデジタルクローニングソフトウェアは、人々に知識を与えることで生計を立てているコーチ、クリエイター、専門家、政治家、CEOなどにも利用されることが期待されている。Delphiは、月額利用料を徴収することで、デジタルクローンのホスティングと利用料を得る予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら