ニュースレタープラットフォームのbeehiiv、1250万ドルを調達

Image Credits: beehiiv

ニュースレタープラットフォームのbeehiiv、1250万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.06.22

beehiiv(ビーハイブ)、ニュースレタープラットフォームのスタートアップは、新たに約1250万ドルを調達したと発表した。
調達ラウンドはシリーズAとされる。

このラウンドはLightspeed Venture Partnersがリードし、Social Leverage, Creator Ventures, Blue Wire Capital、Contrarian Thinking Capitalが参加した。

beehiivは、そのコンテンツ作成者たちが名前を確立した場所であるソーシャルメディアに対して、メールがコミュニケーションとオーディエンス構築のためのより収益性の高いチャネルであると信じている。特に、ニュースレターが繁栄するためのより多くのキュレーションツールを提供することが可能なメールを重視している。

beehiivは、ニューヨークに本拠を置き、7,500のアクティブなニュースレターのネットワークを形成し、これらのニュースレターは合計で3500万のユニークな読者を持ち、月間3500万のインプレッションを見る。現在、年間売上高(ARR)は300万ドルで、顧客に課金する月額料金に基づく売上高は400万ドルである。
beehiivのビジネスモデルは、その競合他社であるSubstackとは異なる。Substackは有料購読者からの売上の10%を収益としている。対照的に、beehiivは作成者が有料ウォールを作成した場合でも、売上からカットを取る計画はない(ただし、Stripeの手数料は適用される)。

beehiivは現在、特定のテーマに基づくニュースレターの集合体や、他のプラットフォームから移行してきたユーザーが増えつつある。その大きな計画は、広告やニュースレターのためのプログラマティックな広告ネットワークを作り上げることである。
「我々のビジョンは、作成者がニュースレターを通じて持続可能なビジネスを形成できるよう支えることです。」と、beehiivの共同創設者であるSara Whiteは述べている。「そして、私たちがプラットフォーム全体の拡大を支援する一方で、彼らが最終的に自身の収益化の道筋を作り出すことができるような、新たな収益源を見つけるのを手伝います。」

この1250万ドルの調達資金を利用して、beehiivは新しい製品ラインの開発、新規ユーザー獲得のためのマーケティング活動の強化、そしてチームの拡大に注力する予定であると述べている。また、beehiivは、アメリカの他の都市や国際市場にも進出する計画を明らかにしている。
ースレタープラットフォームの市場は近年、大きな成長を遂げている。COVID-19パンデミックの影響で人々が自宅にとどまり、デジタルメディアへの依存が高まったことから、情報を提供する新しい形態としてニュースレターが注目を集めている。そして、beehiivはその流れに乗って、さらなる成功を目指している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら