ネット配車の滴滴自動駕駛(DiDi Autonomous Driving)が1.49億ドル調達

Image Credits:滴滴自動駕駛(DiDi Autonomous Driving)

ネット配車の滴滴自動駕駛(DiDi Autonomous Driving)が1.49億ドル調達

uniqorns編集チーム 2023.10.18

中国の自動車大手である広州汽車集団(GAC Group)の傘下企業、広汽資本(GAC Capital)が、広州開発区投資集団との折半出資で特別基金を設立し、配車サービス最大手の滴滴出行(DiDi Chuxing)の自動運転子会社「滴滴自動駕駛(DiDi Autonomous Driving)」に最大1億4900万ドル(約220億円)を出資することが明らかになった。

滴滴自動駕駛は、調達した資金を自動運転技術の開発に充て、自動運転の規模拡大と事業化を加速することを目指している。
滴滴出行は今年4月に同社初の無人で走行するコンセプトカーを公開し、5月には広州汽車傘下の「広汽埃安(GAC Aion New Energy Automobile)」と共同で無人運転の新エネルギー車(NEV)量産プロジェクト「AIDI計画」を発表した。

広汽埃安と滴滴自動駕駛は合弁会社を設立し、シェアリングモビリティ向けに特定条件下でのレベル4の自動運転NEVの量産を進め、無人運転によるモビリティエコシステムの構築を加速する計画となっている。

滴滴出行は今年8月には新興電気自動車(EV)メーカー「小鵬汽車(Xpeng Motors)」との戦略提携を発表し、スマートEV事業の関連資産と開発能力を小鵬汽車に売却することを決めた。また、小鵬汽車は新ブランド「MONA」を立ち上げ、2024年には大衆向けのスマートEVを量産し、市場に投入する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら