パタオ創業者の新会社 Wind、GFCとスパルタン グループが主導する380万ドルのラウンドを獲得

Image Credits:Wind

パタオ創業者の新会社 Wind、GFCとスパルタン グループが主導する380万ドルのラウンドを獲得

uniqorns編集チーム 2023.11.28

Windは、Polygonブロックチェーンを活用したシンガポール拠点の送金会社であり、Hussain EliusとAhmed Fahadが共同設立したBangladeshiの消費者向けテック企業Pathaoからの転身企業である。

彼らの目標はシンプルで、東南アジアとアメリカの間の支払い回廊を開くことである。たとえば、ユーザーは米ドルをUSDCステーブルコインに変換し、ブロックチェーン技術を通じてフィリピンに送金した後、USDCをフィリピンペソに変換することができる。

最近、WindはドイツのVCファームGlobal Founders Capitalとシンガポールのブロックチェーン投資会社Spartan Groupをリードとするプリシードラウンドで380万ドルを調達した。

この資金調達にはSaison Capital、Alumni Ventures、Tiny VCも参加した。

WindのCEOであるEliusは、Tech in Asiaとのインタビューで、新たな資金は製品開発、コンプライアンスとライセンス措置の強化、およびその他のイニシアチブに費やすと述べた。

Windの競合他社にはCoinbaseやMetaMaskなどの分散型金融ウォレット、および数多くの既存の送金サービスが含まれる。Windの特徴的なセリングポイントは、非預託ウォレットであることである。つまり、同社は顧客の資金を保持せず、ユーザーが自分自身の資産を管理できるようにする。

このモデルにより、同社はより迅速かつ安価なサービスを提供することができる。現在、Windは取引価値の0.3%未満の手数料を請求しており、直接の送金を提供する競合他社は最大1%の手数料を請求する場合がある。

同社は現在、フィリピンをはじめとする東南アジアの市場に焦点を当てているが、ナイジェリア、カンボジア、エストニアなど、他の地域からもユーザーを有している。

2022年の設立以来、Windは約300万ドルの取引価値に達した。また、WindはTenityとRippleによって開始されたXRP Ledgerアクセラレータープログラムからも助成金を受け取った。


Pathaoでは、EliusとFahadは、ライドシェア、フードデリバリー、ECOMMERCE、支払い、物流などをカバーする多様化したスーパーアプリとなるよう企業を成長させた。

Windの他の創業者には、ブロックチェーンエンジニアのArman Bhuiyanと、シンガポールのFinTech企業Brankasの元ビジネス開発と成長担当のSimo Figuiguiもいる。

2024年には、Windは既存の市場での安定したユーザーの成長に重点を置きながら、ネットワークを拡大していく予定である。同社は顧客が資金を送受信できる国の数を拡大する計画だ。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら