フィンテックの新興企業Finerio、ラテンアメリカにオープン・ファイナンスのエコシステムを構築するため650万ドルを獲得

Image Credits: Finerio Connect

フィンテックの新興企業Finerio、ラテンアメリカにオープン・ファイナンスのエコシステムを構築するため650万ドルを獲得

uniqorns編集チーム 2023.10.23

メキシコシティ拠点のフィンテックスタートアップ、Finerio Connectは、パーソナライズされた金融商品やサービスへのアクセスを提供するオープンファイナンスプラットフォームの開発を続けるために、新たに650万ドルの資金調達を行った。

Finerio Connectは、2018年にNick GrassiとJosé Luis Lópezが共同CEOとして設立され、ラテンアメリカ全域での金融データとデータ分析の適切な共有と利用を実現することを目指している。

Finerio Connectは、メキシコ向けに特別に設計された自動パーソナルファイナンスマネージャーを提供しており、メキシコのすべての銀行口座を一元管理し、取引を分類し、予算を作成し、節約するのに役立つ。Finerio Connectは現在、120以上の金融機関やフィンテック企業と提携しており、VisaやOzoneAPIとのパートナーシップを通じて、デジタル決済、クレジット、パーソナルファイナンス管理などの製品やサービスを提供している。また、新たなオープンバンキング規制に準拠するための場としても機能している。

この資金調達ラウンドは、Third Primeをリード投資家とし、Visa、Bancolombia Ventures、Krealo、Credicorpのベンチャーキャピタルアームなどの戦略的投資家も参加した。Finerio Connectは、既存のSAFEノートを含めてこれまでに約320万ドルの資金調達を行っている。

この資金調達により、Finerio Connectはチームを強化し、APIハブをさらに2つの国に拡大し、総利用数を増やす予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら