フィンテック新興企業Ramp、28%低い評価額58億ドルで3億ドルを調達

image credit:Ramp

フィンテック新興企業Ramp、28%低い評価額58億ドルで3億ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.08.23

Fintech startup Rampは、既存バッカーのThrive Capitalと新規投資家Sands Capitalが共同リードした資金調達ラウンドで、ポストマネー評価額58億ドルで3億ドルを調達した。

先週、支出管理企業のRampが「数億ドル」を55億ドルの評価額で調達していると報じた。Rampは2022年3月に最後に調達を行い、81億ドルの評価額で2億ドルの株式調達を行った。同社は設立以来、9.7億ドルの株式資金調達と7億ドルのコミットド借入資金調達を確保している。

今回の最新調達に参加する他の投資家には、General Catalyst、Founders Fund、その他の既存の支援者が含まれている。General Catalystの会長兼マネージングディレクターであり、American Expressの元会長兼CEOであるKen Chenault氏も投資判断に関与しているとされている。

同社は新しい資本を使用して、製品開発を加速し、隣接するカテゴリに進出し、今年後半に「大幅に」採用する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら