フランスのバッテリーメーカーVerkor、21億ドルを調達してギガファクトリーを建設

Image Credits:Verkor

フランスのバッテリーメーカーVerkor、21億ドルを調達してギガファクトリーを建設

uniqorns編集チーム 2023.09.15

この度、またもやEVバッテリー企業が大規模な資金調達を実施した。
今回の主役は、ルノーがバックエンドを務めるフランスのバッテリービルダー、Verkorである。Verkorは、そのダンケルクのギガファクトリーの建設を加速するために、「20億ユーロ以上」(約21億ドル)の資金調達を確保したと発表した。

同社は、電気自動車やエネルギーストレージ施設向けのポーチ型および円筒型バッテリーモジュールを製造している。
この巨額の資金には、8.5億ユーロのシリーズCラウンド資金調達と、EUの欧州投資銀行からの6億ユーロの融資が含まれている。また、フランス政府からの6.5億ユーロの補助金も含まれており、最終的な欧州委員会の承認を待っている。

オーストラリアの資産運用会社Macquarie、フランスのインフラ投資家Meridiam、およびルノーもシリーズCに参加した。Verkorは、これまでのフランスのスタートアップにおける「最大の資本調達」と主張しているが、この規模では明らかに「スタートアップ」という用語の使用にはいくつかの自由さがある。

同じ発表で、同社はエマニュエル・マクロン大統領の言葉を引用し、この取引を「再産業化への野心的なサイン」と評価している。
他の最近のバッテリー企業による注目すべき取引には、Ascend Elementsの5億4200万ドルの調達やLytenの2億ドルの調達がある。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら