マレーシアのコワーキングスペースWorqがプレシリーズBの資金を確保、黒字だと発表

Image Credits: Worq

マレーシアのコワーキングスペースWorqがプレシリーズBの資金を確保、黒字だと発表

uniqorns編集チーム 2023.10.11

Worqは、マレーシアで共同作業スペースとフレキシブルなスペースを提供する企業であり、14のフォローオン投資家の支援を受けて、プレシリーズBラウンドを完了した。
このラウンドは、Worqに3回目の投資を行った、グローバルな資産管理会社であるPhillip Capital Managementをリード投資家として、マレーシアの主要な不動産開発会社であるMah Sing Groupも参加した。

Worqは、新たな資金を使って、管理下のスペースを拡大し、マレーシア全体に拠点を増やす予定である。
さらに、Worqは将来的にはシリーズBで約850万ドルを調達することを目指しており、この金額はプレシリーズBラウンドで調達した金額とは別だ。

• 調達額: 未公開
• リード投資家: Phillip Capital Management
• その他の投資家: Mah Sing Group
• ステージ: ブリッジ

2015年に設立されたWorqは、マレーシア全国に9つの拠点を持っている。ホットデスク、プライベートオフィス、イベントスペース、デイパスなど、さまざまなプランを提供している。
Worqは、2023年末までに管理下のスペースを倍増させる予定であり、2030年までに300万平方フィートを目指している。

2023年に入ってから、Worqの売上は前年比で80%成長している。同社は利益を上げており、純利益率は「中盤のティーン」だ。

スタートアップはまた、法人顧客からのフレキシブルなオフィススペースへの需要の増加を述べている。このセグメントは現在、Worqの需要の70%を占めており、パンデミック前の20%から大幅に増加している。これにより、スタートアップは土地所有者や不動産投資信託と提携することになった。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら