マーケティングオートメーションの新興企業Blueshiftが4,000万ドルの負債を調達

Image Credits:Blueshift

マーケティングオートメーションの新興企業Blueshiftが4,000万ドルの負債を調達

uniqorns編集チーム 2024.01.23

AIを活用してブランドのマーケティングを自動化し、パーソナライズされたエンゲージメントを実現するサンフランシスコのスタートアップ、Blueshiftは、Runway Growth Capitalから4,000万ドルの借入資金を調達した。この資金は、既存の債務の再融資と、営業・マーケティング拡大、一般的な運営のために使用される予定である。

Blueshiftは、AIを活用してマーケティングのさまざまな側面を自動化することを目指している。同社のプラットフォームを通じて、マーケターはBlueshiftのAIを活用して顧客をセグメント化し、最適なチャネルやタイミングを特定することができる。

パーソナライゼーションは簡単なことではないが、BlueshiftのGenAIスイートがその解決策として提案されている。Blueshiftは、コールセンターエージェント向けの顧客プロファイルのサマリーや、異なるトーンやスタイルでのブランドマーケティングコンテンツの自動生成などの機能を追加している。

Blueshiftは、HubSpot、Adobe、Oracle、ActiveCampaignに次ぐマーケティングオートメーション市場でのビジネス獲得に苦戦しているが、マーケティングオートメーション市場は非常に利益がある分野である。2021年の市場規模は46.2億ドルであり、2030年には133.2億ドルに達すると予測されている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら