事業承継マッチングプラットフォームを提供する株式会社ライトライト1.4億円の資金調達ー累計調達額は2.7億円に

image credit:株式会社ライトライト

事業承継マッチングプラットフォームを提供する株式会社ライトライト1.4億円の資金調達ー累計調達額は2.7億円に

uniqorns編集チーム 2023.09.21

株式会社ライトライトは、プレシリーズAラウンドにおいて総額約1.4億円、累計約2.7億円の資金調達を完了した。この資金調達により、事業承継マッチングプラットフォーム「relay」の開発と自治体との取組みをさらに拡大することができる。

株式会社ライトライトは、業界初の事業承継マッチングプラットフォーム「relay」を運営しており、これまでの公開案件は約350件、成約は約50件にのぼる。また、31の自治体と提携し、relayが後継者募集を担う共同プロジェクト「relay the local」を実施している。relayは後継者の募集だけでなく、募集事業者を訪問するツアーやイベント・セミナーなども実施し、募集案件やマッチング数を着実に伸ばしている。

中小企業経営者の高齢化が進む日本において、relayによる後継者不在問題の解消やオープンネームの広がりを評価する声が高まっている。経済産業省の地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業に2年連続で採択され、経済産業省によるプログラム「J-Startup KYUSHU」にも選定されている。

今回の資金調達には、社会インパクトファンド一般財団法人KIBOWをはじめとする出資者からの支援が得られている。ライトライトはこれらの期待に応えるため、より社会貢献度の高い事業に成長させることを目指している。

今後は、より多くの自治体との提携を進め、移住と第三者事業承継を支援する共同プロジェクト「relay the local」の導入を加速させていく予定である。また、商工会議所や金融機関との提携も拡大し、募集案件を増やすための取り組みを行っていく予定である。今回の調達資金は、relayの開発とコーディネーターを中心とした採用に投資される予定だ。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら