企業向けDevOpsプラットフォームOpseraが1,200万ドルを調達

Image Credits: Opsera

企業向けDevOpsプラットフォームOpseraが1,200万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.04

エンタープライズ向けのDevOpsプラットフォームであるOpseraが、Taiwania Capitalをリードとする出資者から1,200万ドルの資金調達を行った。これにより、Opseraの総調達額は3,130万ドルに達した。新たな資金は、製品の研究開発に投入され、2023年末までにOpseraのチームが現在の65人から20%増える予定である。

Opseraは、エンタープライズがソフトウェアをより速く、より良く、より安全に提供することを目指している。Opseraの創設者兼CEOであるKumar Chivukula氏は、DevOps市場への需要の増加が、デジタルトランスフォーメーションとリモートワークの普及によるものであると述べている。

Opseraは、製造業、金融、小売、eコマースなどのさまざまな業界で25のエンタープライズクライアントを持っている。今後1〜2年以内に、Opseraは公共部門の顧客を獲得する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら