創薬及び再生医療のナレッジパレット、日本ゼオンからのシリーズBで資金調達を実施

Image Credits: Knowledge Palette

創薬及び再生医療のナレッジパレット、日本ゼオンからのシリーズBで資金調達を実施

uniqorns編集チーム 2023.07.18

創薬及び再生医療高品質化の研究開発を行うKnowledge Palette(ナレッジパレット)は、18日、日本ゼオンからシリーズBの資金調達を実施したと明らかにした。日本ゼオンが引受先とする第三者割当増資が行われた形だ。具体的な調達額は明らかにされていない。この資金調達により、ナレッジパレットは研究開発及び人材採用に対する投資を加速させ、化学メーカーとして国内外にリソースを保有する日本ゼオンとの協力を通じて、より多くの難病に対処できる創薬・再生医療プラットフォームの構築に向けた活動を強化する。

ナレッジパレットは、1細胞レベルの全遺伝子発現解析技術(Quartz-Seq2)を応用した研究開発を行っている。この技術は2020年の国際ベンチマーキング大会にて世界最高精度と評価されたもので、細胞のトランスクリプトームを基点とした表現型創薬及び再生医療高品質化の研究開発において重要な役割を果たしている。その結果として、製薬企業や研究機関との共同研究を進めている。

創業者である團野宏樹氏と福田雅和氏により2018年に設立されたナレッジパレットは、神奈川県川崎市に本拠を置いている。今回の資金調達を基に、企業は技術開発と人材確保を一層推進し、創薬・再生医療領域における革新を追求する計画である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら