商用車両とのコネクティビティを提供する株式会社オーガニック・モビリティー、シードラウンドで株式会社自動車ファンドから1億円の資金調達を達成

Image Credits:株式会社オーガニック・モビリティー

商用車両とのコネクティビティを提供する株式会社オーガニック・モビリティー、シードラウンドで株式会社自動車ファンドから1億円の資金調達を達成

uniqorns編集チーム 2023.07.31

商用車両とのコネクティビティを実現する株式会社オーガニック・モビリティー(本社:東京都江東区/代表取締役:松原弘治)は本日、最新の資金調達ラウンドで1億円を調達したと発表した。このラウンドでは株式会社自動車ファンド(本社:東京都千代田区/代表取締役:三宅綾)がリードし、この投資を通じて累計調達額は1億円に達した。

株式会社オーガニック・モビリティーは、自動車の新たな価値を追求するビジョンを掲げ、商用車両とのコネクティビティを強化するサービスを提供。本日の資金調達をもとに、自社開発のコネクテッドプラットフォームの強化および汎用化を進める。具体的には、大規模言語モデルとの統合や、WEB3.0技術を用いたIDマネジメント・セキュリティ技術の導入などを予定している。

同社が提供するコネクテッド・IoTプラットフォームは、車両、業務プロセス、データと連携し、顧客に新規サービスの創造、ユーザー利便性の向上、業務プロセスの効率性改善、顧客IDを持つ法人様の既存データ資産とのシナジー創造、運用コストの削減などの具体的な付加価値を提供。

コネクテッド・IoTプラットフォームは、すでに多くの大手法人様(OEM含む)を顧客に抱え、または協業している。特に商用車両の領域で大きな変革をもたらすと期待されている「CASE革命」の柱の一つとされている。

今回の資金調達を通じて、オーガニック・モビリティーは介護事業者向けサービスや海外の日系現地法人向けサービスなどの新サービスモデルを2023年秋冬頃にローンチすることを目指している。これらのサービスは、コネクテッドプラットフォームとドライバーアプリを中心に、配車管理やユーザー管理を一元化し、顧客の利便性の向上やコスト効率の改善を追求するものである。

なお、株式会社オーガニック・モビリティーは、24時間365日の運用保守サポート体制を備えている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら