株式会社カサナレ、生成AIチャットシステムを提供、グローバル・ブレイン8号投資事業有限責任組合から約4000万円を調達——シードラウンドでの調達額を公表

Image Credits: 株式会社カサナレ

株式会社カサナレ、生成AIチャットシステムを提供、グローバル・ブレイン8号投資事業有限責任組合から約4000万円を調達——シードラウンドでの調達額を公表

uniqorns編集チーム 2023.07.06

東京・渋谷に本社を置く株式会社カサナレ(以下、カサナレ)は7日、直近のシードラウンドで約4000万円を調達したことを発表した。このラウンドはグローバル・ブレイン株式会社が運営するグローバル・ブレイン8号投資事業有限責任組合(以下、GB8号ファンド)が主導し、カサナレの社会実装が一層加速することとなる。

カサナレは生成AIの導入支援と、企業専用にカスタマイズ可能な生成AIチャットシステム「Kasanare」を提供する企業である。カスタマーサポートやカスタマーサクセス業務等の効率化や顧客体験の向上をミッションとし、さまざまなユースケースに対応するサービスを展開している。

「Kasanare」は、ChatGPT等生成AIの大規模言語モデル(LLM:Large Language Models)により開発されたGenerative AIチャットシステムで、その特徴として以下の3点が挙げられる。

特徴1:オーダーメイド開発によるカスタマイズ製品である。AIプロフェッショナルによる約1ヶ月間の開発期間により、ユーザーとのデジタルコミュニケーションで最適な顧客体験を実現する。

特徴2:SaaS提供による導入コストの低下である。SaaSで提供することにより、導入企業の導入ハードルを下げ、運用の手間をなくす。事業部単位の決済が可能なプライシング設計により、社内開発のためのPoCとしても対応可能である。

特徴3:安心のセキュリティである。IPアクセス制限やMFA(多要素認証)などのハード面に加え、検索ワードの最適化やハルシネーション対策などソフト面の対策を行い、高いセキュリティレベルを実現している。

さらに、カサナレは生成AIとユーザーの会話内容を言語分析AIによるフィードバックを実施しており、顧客満足度の調査やロイヤルティ向上に役立てている。

今回の資金調達は、カサナレが提供するサービスのさらなる普及と、人材採用や組織拡大、そして企業ごとに異なる課題解決に向けた生成AI活用のベストプラクティスの検証を進めるための資金となる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら