株式会社トクイテン、プレシリーズAにて3.7億円の資金調達

Image Credits: 株式会社トクイテン

株式会社トクイテン、プレシリーズAにて3.7億円の資金調達

uniqorns編集チーム 2023.10.26

株式会社トクイテンは、ユナイテッド株式会社をリード引受先とする第三者割当増資及び、日本政策金融公庫の資本性ローンによるプレシリーズAで3.7億円の資金調達を実施した。

近年、世界中で進行する「脱炭素社会」の実現を目指す動きにより、気候変動対策が強化されている。農業分野もこの対策の一環として位置付けられ、有機農業への移行が求められている。農林水産省も、2050年までに有機農業の割合を25%に増やす目標を掲げている。

しかしながら、日本の農業は農業従事者の減少と高齢化という深刻な課題に直面しており、有機農業への移行を実現するためには省力化や自動化が不可欠である。株式会社トクイテンは、「持続可能な農業へのシフトを加速する」をミッションに掲げ、AIやロボット技術を活用した有機農業の自動化に取り組んでいる。

調達した資金をもとに、株式会社トクイテンはロボットエンジニア、セールス、バックオフィス人材の採用を行い、農業ロボットの開発と有機農業の自動化を実現する「トクイテンパッケージ」の開発に注力する予定である。

また、株式会社トクイテンは、自社農場を増設し、農業参入企業向けのコンサルティングやトクイテン農地を使った農業参入PoC、トクイテンと共同で営農するパートナー農場を広めていく予定である。

この資金調達により、株式会社トクイテンは自社の事業計画を一層強化し、有機農業の自動化を推進し、持続可能な農業の実現に向けて更なる成果を上げることが期待される。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら