株式会社深化、シードラウンドにて1.9億円の資金調達

Image Credits: 株式会社深化

株式会社深化、シードラウンドにて1.9億円の資金調達

uniqorns編集チーム 2023.10.31

株式会社深化(東京都目黒区、以下“深化”)は、株式会社サードウェーブ及び個人投資家らにより、シードラウンドにおいて総額1.9億円の資金調達を完了した。

バーチャルシンガーやネット発アーティストを多数有するクリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」の統括プロデューサーであるPIEDPIPERが新たに創設者となり立ち上げた「深化(FUKAIKA)」は、多様な才能を持つメンバー達で構成され、オリジナルIP開発、DAO、NFT、デジタルフィギュア、メタバース、バーチャルライブ、MR体験、独自エコシステムなど様々な「研究開発性の高い新規事業」の社会実装に向けて、「物語」を基盤とすることで個々のR&Dを一つの大きな現象へと紡いでいく、Web3型スタートアップである。

同社が研究開発を進める分散型技術と「KAMITSUBAKI STUDIO」で培ってきた音楽、映像、ライブなど、様々な掛け算により「物語」を深化させ仮想都市「神椿市」の世界観を拡張していく共同プロジェクト「KAMITSUBAKI VERSE PROJECT」を発足した。

2023年3月、「KAMITSUBAKI STUDIO」が開発するオリジナルIPプロジェクト「神椿市建設中。」に登場する神椿市の住民としてのアイデンティティを示すジェネレーティブNFTアート「KAMITSUBAKI Resident Genesis」を4,000個限定で販売し、完売した。

同NFTホルダー向けのゲームサービス展開やライブ映像の視聴権付与等を通してコミュニティ活動を行ってきた。
直近では、メタバース開発の一環として、アーティストのバーチャルライブの可能性を拡張する「SINKA LIVE SERIES」を考案し、連続性のあるバーチャルライブを神椿市で開催した。

また世界初の取り組みとして同バーチャルライブの映像を8,293個のNFTとしてリリースするなど、連続性のある物語とアーティストのパフォーマンスが融合した独自の世界観によるライブ表現の確立、ならびに多方面に展開できる技術的開発を日々推進している。

この資金を活かし、深化の次なるフェーズとして「神椿市」の世界観構築と拡張、及びメタバース開発や新規IP、プロダクト開発等に注力し、「KAMITSUBAKI Resident Genesis」保有者をはじめとする、ファンの皆様との共創型コミュニティを強化していく予定である。

また、Web3型エコシステムの実現に向け、プロダクト基盤強化に必要な人材の採用にも投資する予定である。
同社はコンテンツ制作のプロセス自体をエンタメ化しているプロジェクトが今後必然的に存在感を増していくと考えている。
プロセスエコノミーが発展した未来を見据え、多様多彩なクリエイター達と共にファンに支えられる次世代のオリジナルIPを産み出し、より広く、より活発なコミュニケーションが行われる自立型エンターテインメントの創出に取り組んでいく。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら