株式会社And Doホールディングス、ポジティブ・インパクト・ファイナンスにより10億円の資金調達

Image Credits:株式会社And Doホールディングス

株式会社And Doホールディングス、ポジティブ・インパクト・ファイナンスにより10億円の資金調達

uniqorns編集チーム 2023.12.25

株式会社And Doホールディングスは、オリックス銀行株式会社とポジティブ・インパクト・ファイナンス(PIF)の融資契約を締結し、実行した。同社として初のPIFでの資金調達であり、融資金額は10億円で、融資期間は4年である。

PIFは、企業活動が経済・環境・社会の3つの側面にもたらすインパクトを包括的に分析・評価し、ポジティブな影響の増大およびネガティブな影響の低減を支援する融資手法であり、金融機関が、融資先となる企業の事業活動を分析し、達成すべき業績評価指標(KPI)の設定と施策の策定を支援し、達成状況を継続的にモニタリングする。

同社のサステナビリティ重要課題を中心に設定したKPIから、特にSDGsの目標達成に対してインパクトのある、住みよい街づくりや環境負荷の低減、同社内の働きやすい環境づくりなどにつながる4つの業績評価目標(KPI)と、目標達成に向けた具体的な施策が選定された。

目標の達成状況については、継続的にモニタリングが実施される。なお、本PIFおよび同行のPIFの実施体制について、株式会社格付投資情報センター(R&I)より、国連環境計画金融イニシアティブのポジティブ・インパクト金融原則に適合していることの第三者意見を取得している。

同社はSDGs・ESG経営を推進し、「不動産×金融×IT」で持続可能な事業の成長を図ることで、不動産を活用したサービスの提供により、日本経済の活性化に貢献している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら