株式会社BLOCKSMITH&Co.、エンジェルラウンド(2nd close)にて資金調達を実施

Image Credits:株式会社BLOCKSMITH&Co.

株式会社BLOCKSMITH&Co.、エンジェルラウンド(2nd close)にて資金調達を実施

uniqorns編集チーム 2023.12.15

株式会社BLOCKSMITH&Co.は、エンジェルラウンド(2nd closeであり、継続中)として、MZ Web3 ファンド、SAKURA UNITED PLATFORMなどからSAFE型新株予約権の発行により資金調達を実施した。
このニュースは、KLab株式会社のWeb3関連事業を管轄する子会社である株式会BLOCKSMITH&Co.(以下「BLOCKSMITH」)に関するものである。

今回のエンジェルラウンドにおいて、株式会社BLOCKSMITH&Co.は外部から初めて資本を受け入れた。これまで親会社であるKLab株式会社及び創業者であり社長の真田哲弥が100%の資本を所有していたが、このエンジェルラウンドにより資本構成と財務の強化を図った。

株式会社BLOCKSMITH&Co.は、Web3関連企業としては異例の株式の上場を目指している。今回の資金調達は、上場に向けた資本構成と財務の強化の一環である。調達資金はプロダクト開発、研究開発などに活用される予定である。

株式会社BLOCKSMITH&Co.は、Web3関連の開発運用実績を積んできた。例えば、2023年1月には「キャプテン翼-Rivals」を提供するためにThirdverse社(現MintTown)と提携した。また、2023年4月にはAI Laboを設立し、2023年9月には「顔認証Web3ウォレット」に関する業務提携を発表した。これらの取り組みは、関連技術の開発にも力を入れていることを示している。

株株式会社BLOCKSMITH&Co.では、クイズ動画SNS『QAQA(カカ)』を展開している。『QAQA(カカ)』はユーザー投稿型の縦型ショート動画クイズアプリであり、クイズに正解することでゲーム内通貨「Chip」を獲得できる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら