株式会社Castee、動画コラボマッチングサービスを展開——第三者割当増資で約1億5000万円を調達

Image Credits: castee

株式会社Castee、動画コラボマッチングサービスを展開——第三者割当増資で約1億5000万円を調達

uniqorns編集チーム 2023.06.26

東京・渋谷に本拠を置く株式会社Casteeは26日、直近のラウンドで約1億5000万円を調達したと明らかにした。
ラウンドステージは不明。このラウンド はXTech Venturesがリードした。

株式会社Casteeは、配信者同士のマッチングサービスを提供するスタートアップである。配信者は専用のウェブサイト上でコラボの相手を募ることができ、検索機能を利用して自身のコンテンツに適したコラボ相手を探すことができる。なりすまし防止のため、必ずSNSと連携したプロフィルの作成が求められる。

動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」や「YouTube(ユーチューブ)」、画像共有アプリ「インスタグラム」など、多くのSNSに対応している。依頼を承認した配信者との間でマッチングが成立し、詳細な企画内容をチャットで話し合う仕組みである。決済もクレジットカードで行えるようにサイト上で完結する。

配信者同士のマッチングサービスは米国で先行しているが、アジアでは珍しい。従来はメールやSNSでのやり取りが多く、個別の案件を探し出すのに手間がかかっていた。その問題を解決するために、Casteeは動画コラボマッチングサービスを開始した。

株式会社Casteeは今回調達した資金をもとに、多言語対応や連携するSNSの拡大を推進する。また、海外展開が可能なサービス開発および組織体制作りを進める。
サービスは今後も発展し、ユーザーにとって必要な機能を提供し続けるために、株式会社Casteeは技術開発に力を注ぐ。初年度で1万人の登録を目指し、サービスを通じて配信者同士のコラボレーションを円滑に行うことで、新たなクリエイティブな動画コンテンツの創出を促進することを目標としている。

また、ベンチャーキャピタルや他の投資家からの調達に成功したことは、株式会社Casteeのビジネスモデルと将来性に対する高い評価を示すものである。アジアでの展開においても、事業の継続的な成長と成功のために、さらなるパートナーシップと協力関係の構築を追求する計画である。

このように株式会社Casteeは、革新的なサービスを提供し続けることで、動画コンテンツ制作の新たなパラダイムを切り開くことを目指している。
その達成に向けて、更なる成長と進歩を見せることが期待されている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら