株式会社HYPERITHMが「Mythic Protocol」に出資

image credit:株式会社HYPERITHM

株式会社HYPERITHMが「Mythic Protocol」に出資

uniqorns編集チーム 2023.09.14

株式会社HYPERITHM(本社:東京都千代田区、代表取締役:ロイド・リー)が、ゲーム同士のコラボレーションに特化したWeb3エコシステムの「Mythic Protocol」に出資したことが発表された。

Mythic Protocolは、世界初の分散型IPの創造を実現するゲーム、メディア、ツール、プラットフォームを開発するコラボレーティブ・エンターテインメント企業である。彼らの最初の製品であるMythic Protocol RiftstormやMythic Repository、Decentralized Universal Metaは、世界中のゲーマーやクリエイターの興味を惹きつけ、それに応えるために構築されている。

Mythic Protocolは、ベテランゲーム開発者のArief Widhiyasa氏(Agate創設者、Forbes Asia 30 under 30受賞者)とIgor Tanzil氏(元Agate CMO & CCO、Critical Forge創設者、元DDB広告クリエイティブ)が創設し、発展途上のエンターテインメント空間における挑戦と革新を目指している。市場のトレンドに敏感でありながら、革新的な取り組みを実践するチームは、ユーザーの獲得や維持、拡大のためにゲーム・ファースト戦略を活用する、ゲーム同士のコラボレーションに特化したWeb3エコシステムを構築した。

Hyperithmは、Mythic Protocolのリプレイ性の高い、楽しいゲームを評価し、Web3ゲームのトークンエコノミーにまつわる問題を解決できると確信し、出資に至った。Hyperithmは、日本と韓国を拠点に機関投資家などを対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開しており、2022年3月には、シリーズBのブリッジラウンドにてCoinbase Venturesより資金調達を行った。また、2022年6月には、Web3のエコシステムの活性化を目的とした、Web3ファンドを組成し活発に投資を行っている。
この出資により、Mythic Protocolはより一層の発展を見込むことができる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら