株式会社Kort ValutaがデジタルIDアプリ「TwooCa」の更なる展開へ向け、5億円の資金調達を実行——累計調達額は15億4,500万円に

Image Credits: 株式会社Kort Valuta

株式会社Kort ValutaがデジタルIDアプリ「TwooCa」の更なる展開へ向け、5億円の資金調達を実行——累計調達額は15億4,500万円に

uniqorns編集チーム 2023.06.21

東京都目黒区に本社を置く株式会社Kort Valuta(以下、Kort Valuta)は21日、合同会社Next Life(本社:大阪府寝屋川市、代表社員:中井健太)を引受先とするシリーズAラウンドによる総額5億円の調達を実施したと明らかにした。
これにより累計調達額は15億4,500万円に達した。

Kort Valutaは、デジタルID、決済、ヘルスケア、データ解析事業を通じて、「世界一ありがとうと言われる会社」を目指している。

社員証だけでなく、会員証、学生証、診察券等、様々なIDとの連携を進め、IDテックの確立に向けて取り組んでいる。 その主要製品である「TwooCa」は、社員証としての機能だけでなく、福利厚生サービスなどの機能を持つ日本初のハイブリッドペイメント社員証である。
これに加え、近日中に販売予定のリング型ヘルスケアデバイスは、決済と健康管理を同時に行える世界初のデバイスとなる。

また、Kort Valutaは、ユーザーとデバイスから蓄積された各種データを解析し、一人でも多くの方が既存の与信概念に囚われない、自由な金融的選択肢を持つことが可能な世の中を実現するという理念を持つ。
そのためにAIを利用したコンシェルジュ機能を開発し、ユーザー属性、与信スコア、健康情報に基づいて最適な選択肢を提案できるようなシステムを構築している。

Kort Valutaは今回調達した資金を使って、これらのシステム開発を加速させる計画である。さらに、申請中の資金移動業者の登録が完了すれば、その範囲は各種決済にも拡がると期待している。

同社は、フィンテックやヘルステックだけでなく、メタバース、AI、データ解析といった分野とも連携を進めることで、ユーザー一人ひとりに最適なデジタルツインの実装を予定している。
これにより、個々のユーザーが抱える困難を解消し、更に充実した生活を送ることができるようサポートすることを目指している。 Kort Valutaのビジョンは「分散型社会の実装」であり、「本当に正しいことをしている人が報われる社会」、「みんなが安心して、楽しいと思える社会」の実現を目指しています。

これらのビジョンの実現に向けて、社員証サービスや決済サービス、ヘルスケアデバイスの開発、AIを利用したコンシェルジュ機能の開発など、さまざまな取り組みを進めていく予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら