株式会社LINEAイノベーションがプレシードラウンドにて7,000万円の資金調達

Image Credits:株式会社LINEAイノベーション

株式会社LINEAイノベーションがプレシードラウンドにて7,000万円の資金調達

uniqorns編集チーム 2024.01.12

日本大学及び筑波大学発の共同スタートアップとして、浅井朋彦(日本大学理工学部物理学科教授)である、坂本瑞樹(筑波大学数理物質系教授・プラズマ研究センター長)により設立された株式会社LINEAイノベーション(本社:東京都港区、代表:浅井朋彦、以下「同社」)は、ANRI株式会社が運営するANRI-GREEN1号投資事業有限責任組合より7,000万円の資金調達を実施した。

同社は、調達した資金を用いて、両大学で研究・開発されてきたFRC(Field-Reversed Configuration/磁場反転配位)方式およびタンデムミラー方式の成果を活用し、両者の概念を複合した革新的な核融合炉方式の実現に向けて尽力していく予定である。

FRC及びタンデムミラーはともに核融合プラズマの閉じ込め方式として世界的に研究されており、我が国がその中心的な役割を担ってきた。日本大学は米国の核融合スタートアップ企業とも連携したFRCの実験研究において、また筑波大学は世界最大のタンデムミラー型装置GAMMA 10/PDXを有し、90年代に1億度のプラズマ閉じ込めを実現するなどの成果をあげてきた。

これらの方式は、高いプラズマ閉じ込め効率を実現できることから、D-3He(重水素・ヘリウム3)核融合や p-11B(軽水素・ホウ素11)核融合等の中性子の生成が僅かな又は全くない先進燃料核融合の実現が期待されている。

同社は、FRCとタンデムミラーそれぞれの長所を活かし、これらを相補的に融合させた革新的な核融合炉概念を提案し、その研究開発を行っている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら