株式取引API開発のAlpaca、SBIグループから1500万ドルの転換社債を調達

Image Credits: Alpaca

株式取引API開発のAlpaca、SBIグループから1500万ドルの転換社債を調達

uniqorns編集チーム 2023.10.13

サンマテオ拠点のスタートアップ、Alpacaは、APIを介して株式および仮想通貨のブローカージトレーディングサービスを提供している。この機能をアプリに埋め込めるようにすることで、投資型フィンテック企業などが株式市場にアクセスし、取引を行うことができる。このスタートアップは、日本の金融会社であるSBIグループから1,500万ドルの転換社債を調達したことを発表した。

この戦略的な投資により、Alpacaはアジアでの拡大を加速させることができると、CEOのYoshi Yokokawa氏は語った。アルパカのB2B2Cモデルは、サウジアラビア、インドネシア、タイ、インドなど、30カ国以上の100以上の法人パートナーを通じて500万人以上のエンドユーザーにサービスを提供している。現在のところ、アルパカは日本のSBIとウッドストックの2つのクライアントを持っているが、SBIからの戦略的な投資を受けて、日本からのユーザーがさらに増えることを期待している。

アルパカは、Dime(タイ)やSyfe(シンガポール)などの金融機関がアルパカのブローカープラットフォームを使用して、ユーザーに米国株式取引サービスを提供している。さらに、アルパカは、日本の金融庁からのブローカーディーラーライセンスを取得した。この許可により、アルパカは日本の企業のエンドユーザーに対して米国株式取引サービスを提供することができる。

アルパカは、オプション、債券、共同債券、個人退職口座などの新しい製品やサービスを米国市場向けに提供する予定である。

2021年のシリーズBラウンド以来、アルパカの収益は17倍に増加し、プラットフォーム上の投資アプリの数も15倍増加し、約150になったとYokokawa氏は述べている。アルパカは、取引手数料、外国為替手数料、SaaSの定期収入など、さまざまな方法で収益を上げており、そのベースラインは明らかにされていない。

アルパカの暗号通貨APIはまだ収益を上げていないが、CEOは暗号通貨市場の回復に伴い成長すると予想している。アルパカの暗号通貨APIは、ビジネスや開発者が暗号通貨と株式を取引し、暗号通貨と株式の投資サービスを提供するアプリを構築することができる。

アルパカは、開発者向けのコミュニティを構築している。数万人の月間アクティブな開発者が、無料でアルパカの製品を試すことができる。彼らはサンプルコードを書いてAPIを介してブローカープラットフォームと対話することができる。
これまでのバッカーには、Portage Ventures、Spark Capital、Tribe Capital、Social Leverage、Horizons Ventures、Unbound、Elefund、Positive Sum、Y Combinatorなどがいる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら