次世代チョイ乗りモビリティ「ミニマムモビリティ」の量産販売を目指すKGモーターズ株式会社が1.5億円の資金調達

Image Credits: KGモーターズ株式会社

次世代チョイ乗りモビリティ「ミニマムモビリティ」の量産販売を目指すKGモーターズ株式会社が1.5億円の資金調達

uniqorns編集チーム 2023.10.10

KGモーターズ株式会社(本社:広島県東広島市、代表取締役CEO:楠 一成)は、ベンチャーキャピタルや事業会社を引受先とするJ-KISS型新株予約権の発行により1.5億円の資金調達を行った。

KGモーターズは、環境性能が高く、維持コストが低い次世代チョイ乗りモビリティ「ミニマムモビリティ」の量産販売を目指している。この資金調達により、量産に向けた試作車両の開発や人材の獲得などを進め、2025年の量産販売を目指す。

「ミニマムモビリティ」は、1人乗りセンターポジションで走る楽しさを追求した小型の電気自動車である。環境性能に優れ、原付ミニカー規格で車検不要・税金も安く、コスパも抜群。また、ドア・エアコン付きで快適な走行を提供する。充電にはAC100Vの家庭用コンセントを使用し、5時間の充電で航続距離100kmを走ることができる。さらに、ソフトウェアはOTAアップデートが可能で、進化するモビリティを目指している。

KGモーターズは、「小型モビリティで世界を「ワクワク」させる」をビジョンに掲げ、超小型モビリティの製造販売やMaaS事業の展開を目指すスタートアップだ。今回の資金調達には、環境エネルギー投資、キーレックス、waypoint venture partners、ちゅうぎんキャピタルパートナーズ、WONDERTAINER FUNDなどの投資家が参加した。

楠一成代表は、KGモーターズの超小型モビリティの可能性を評価していただき、資金調達が実現できたことに感謝の意を示しています。KGモーターズは、超小型モビリティの開発を通じて、日本の活気を取り戻し、明日より良い未来を創ることをミッションとしています。とコメントした。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら