次世代駐車場システムの株式会社プラグテック、ANRI及びD4Vから5,000万円を調達

Image Credits: 株式会社プラグテック

次世代駐車場システムの株式会社プラグテック、ANRI及びD4Vから5,000万円を調達

uniqorns編集チーム 2023.07.26

東京・港区に本拠を置く株式会社プラグテック(以下、Pragtech)は26日、直近のプレシードラウンドで総額5,000万円を調達したと明らかにした。ラウンドステージはプレシードで、ANRI及びD4Vが引受先となった。このラウンドは、今後のプロダクト開発・事業開発を加速させるための重要なステップだ。

Pragtechは、駐車を通じて社会を動かすというミッションを掲げ、次世代ソフトウェアによる駐車システムの再構築を目指している。その結果、これまでにない速度、コスト効率、シームレスさでの駐車場の利用と運営を可能にするという。ソフトウェア型駐車場サービス「Lott」の開発はその一環であり、すべての駐車場で自動決済を実現するという。

駐車場運営において、担当者が各駐車場を巡回し、駐車料金の徴収を管理する必要がある。しかし、この徴収作業の効率化や自動化は、大規模な駐車場運営にとっては大きな課題となっている。それを解決するため、Pragtechは「Lott」による自動決済の実現を推進している。

Pragtechは今回調達した資金をもとに、創業メンバーの採用やパートナーシップの構築、さらにはソフトウェア型駐車場サービス「Lott」の実証実験を国内複数の駐車場で進める。これらの実証実験を通じて、今後の本格的な展開に向けた技術、ユーザー体験、事業化の検証を進める計画である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら