農機具にビジョンベースの自律性を求めるBonsai Roboticsが1,050万ドルを調達

Image Credits:Bonsai Robotics

農機具にビジョンベースの自律性を求めるBonsai Roboticsが1,050万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.03

Bonsaiは、Acre Venture Partnersをリードとする1,050万ドルのシードラウンドを発表した。E14、Congruent、Serra Ventures、Fall Line Capital、SNR Ventures、Androsも参加した。このシードラウンドにより、Bonsaiの総調達額は1,350万ドルに達した。

創業者兼CEOのTyler Nidayは、シードラウンドにかかる大きな資金調達額について、「ロボティクス企業は、平均的なSaaS企業よりも複雑な製品と販売モデルを持つため、そのライフサイクルの早い段階でより多くの資本を必要とします。多くのロボティクス企業が資本不足によりライフサイクルの早い段階で失敗しているのを見てきましたが、私たちは長期的にここに残り続ける決意を持っています」と述べている。

Niday氏は、この資金をBonsaiの研究開発およびマーケット戦略の拡充に充てるとともに、OEMおよび販売業者に焦点を当てている。現在のチーム人数は20人未満だが、一部の資金はチームの拡大にも充てられる。

Bonsaiの技術を利用する最初の製品は、Orchard Machinery Corporationが製造するShockwave Xである。OMCの歴史は1961年にさかのぼり、その当初はプルーンの収穫に使用するための水圧式の木振り機を製造していた。Bonsaiのシステムにより、OMCのShockwaveシリーズは自律的な収穫機に変身する。

Niday氏は、「OMCは現在、ShockwaveXのBonsai自律サービスの初期注文を受け付けています」と述べている。「当社は設立から14ヶ月間、データを収集してきました。そのため、最初のShockwaveXの納品時には、2週間以内にその自律システムを運用していました。これは、Trinitas Farmingに感謝して、私たちが安全に限界までテストできるオーチャードを提供してもらったからです。」

労働力不足と農業人口の高齢化の両方を考慮すると、農業技術は自動化のための比較的低いハードルである。もう一つの主な利点は、自律型農業機器が自動車の自動運転と比べて多くの変数を考慮する必要がないことだ。また、システムが正確に予定通りに機能しない場合でも、混雑した市街地の道路よりも重大な身体的な損傷のリスクははるかに低い。

Niday氏は、同社が技術を使用したトラクターシステムのデモも開始したと述べている。一方、2番目のShockwaveXはつい最近アセンブリラインから出てきたばかりである。
Bonsaiは、評価額を公表していない。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら