霞ヶ関キャピタル株式会社がサステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークにより3億円の資金調達を実施

Image Credits:霞ヶ関キャピタル株式会社

霞ヶ関キャピタル株式会社がサステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークにより3億円の資金調達を実施

uniqorns編集チーム 2023.12.26

霞ヶ関キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:河本幸士郎)は、サステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークに基づいた資金調達を実施した。

同社は「その課題を、価値へ。」の経営理念のもと、社会課題の解決に資する事業に取り組むことで、SDGsの目標達成に貢献することを企業目標として掲げており、その一環として、資金調達に関しても2023年3月20日に「サステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークの策定ならびに第三者評価機関からのセカンドオピニオンの取得に関するお知らせ」にて公表したとおり、サステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークを策定している。

本件借入は、サステナビリティ・リンク・ファイナンスフレームワークに基づいた資金調達であり、借入資金は運転資金に充当される予定である。


(1)借入金融機関
株式会社池田泉州銀行

(2)借入金額
300,000,000円

(3)契約締結日
2023年12月25日

(4)借入実行日
2023年12月25日

(5)利率
変動金利(3か月TIBOR+0.75%)※

(6)返済期日
2028年11月30日

(7)返済方法
元金均等

(8)担保
無担保

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら