高齢者施設、医療DX推進など広範囲な事業を展開する株式会社ユカリアが11億円の資金調達を実施

Image Credits:株式会社ユカリア

高齢者施設、医療DX推進など広範囲な事業を展開する株式会社ユカリアが11億円の資金調達を実施

uniqorns編集チーム 2024.01.29

株式会社ユカリア(本社:東京都千代田区、代表取締役:古川淳)は、三井住友信託銀行株式会社をリードインベスターとし、複数社より約11億円の資金調達を実施した。ユカリアが10億円超規模の大型の資金調達を行うのは今回が初となる。

資金調達の背景は、日本が2025年に、団塊世代がすべて75歳以上となる超高齢社会を迎えることである。厚生労働省の発表によると、2021年度の医療費は初めて45兆円を超え、介護費も2022年度に11兆円を超えて過去最高を更新した。今後も社会保障費の増加が見込まれており、このままでは他の社会インフラ等が維持できなくなってしまうかもしれないという喫緊の社会課題に直面している。

ユカリアは、2005年に創業以来、約20年にわたり医療・介護の最前線である現場と向き合ってきた。ユカリアのミッションは、「変革を通じて医療・介護のあるべき姿を実現する」ことであり、病院経営支援、高齢者施設運営、介護施設紹介、医療DX推進、医療ビッグデータ利活用など、ヘルスケアバリューチェーンにおいて広範囲な事業を展開している。

昨年より、インパクト投資の評価手法を用いたIMM(インパクト測定・マネジメント)を実践している。ユカリアの創出する社会的インパクトに高い評価、共感を得た投資家の皆さまおよび、地域のヘルスケア課題や、病院・高齢者施設の人事的な課題を共に解決する事業パートナーの皆さまより、今回の資金調達を実施した。

今回の資金調達を機に、ユカリアはIMMをより進化させながら、事業成長を一層加速し、「ヘルスケアの産業化」を実現していく予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら