Afference、ウェアラブル神経インターフェース・プラットフォーム開発で150万ドルを調達

image credit:Afference

Afference、ウェアラブル神経インターフェース・プラットフォーム開発で150万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.09.27

Afferenceは、新しいニューラルインターフェース(または「人工感覚」)プラットフォームであるPhantomの開発に150万ドルの資金調達を行ったことを発表した。

このラウンドはKonvoyが主導し、AfferenceはPhantomプラットフォームを強化するために資金を使用する予定である。Phantomプラットフォームは、仮想現実環境でユーザーが「感じる」ことができる新しい種類の触覚デバイスを提供する。

Phantomは、ユーザーの指と手首に巻きつくハンドヘルド型ウェアラブルである。Phantomは圧力ではなく、電気信号を使用して皮膚に感覚を伝える。仮想現実デバイスを含む、どんなSpatial ComputingプラットフォームにもBluetoothで接続することができる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら