AIを活用した検索エンジンPerplexity AI、現在5億2,000万ドルの評価額で7,360万ドルを調達

Image Credits:Perplexity AI

AIを活用した検索エンジンPerplexity AI、現在5億2,000万ドルの評価額で7,360万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2024.01.04

AIパワードの検索エンジンPerplexity AIは、IVPをリード投資家に迎え、NEA、Databricks Ventures、元Twitter副社長のElad Gil、Shopify CEOのTobi Lutke、元GitHub CEOのNat Friedman、Vercel創設者のGuillermo Rauchなどから追加の投資を受け、7,360万ドルの資金調達を行ったことを発表した。このラウンドにより、Perplexityの事後評価額は5億2,000万ドルとなった。Perplexityは、2022年8月から存在しているにもかかわらず、驚異的な成長を遂げた。

Perplexityは、AI、分散システム、検索エンジン、データベースのバックグラウンドを持つエンジニアであるAravind Srinivas、Denis Yarats、Johnny Ho、Andy Konwinskiによって設立された。PerplexityのCEOであるSrinivas氏は、以前OpenAIで働いており、言語とGenAIモデルに関する研究を行っていた。

Perplexityは従来の検索エンジンとは異なり、チャットボットのようなインターフェースを提供している。ユーザーは自然言語で質問をすることができ、PerplexityのAIはソースのサマリーを含む回答を返す。ユーザーはその後、特定のトピックについてさらに深く掘り下げるための追加の質問をすることができる。

Perplexityのプラットフォームの基盤となるのは、社内で開発されたGenAIモデルとサードパーティによって開発されたモデルのアレイである。PerplexityのProプラン(月額20ドル)のサブスクリバーは、GoogleのGemini、Mistra 7Bl、AnthropicのClaude 2.1、OpenAIのGPT-4などのモデルを切り替えることができ、イメージの生成、検索中の個人の好みを考慮するCopilotの無制限の使用、画像やその他のドキュメントのアップロードなどの機能を利用することができる。

Perplexityのビジネスモデルに関する多くの不確定要素は、投資家を妨げていないようである。このスタートアップは、現在1,000万人以上のアクティブな月間ユーザーを抱えており、これまでに1億ドル以上の資金調達を行っている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら