AIを活用した駐車場プラットフォーム「メトロポリス」が17億ドルを調達しSPプラスを買収

image credit:Metropolis

AIを活用した駐車場プラットフォーム「メトロポリス」が17億ドルを調達しSPプラスを買収

uniqorns編集チーム 2023.10.05

AIパワードパーキングプラットフォームMetropolisは、資本と債務の組み合わせで、駐車場施設管理サービスを提供するSP Plusを買収するために17億ドルを調達したことを発表した。

Eldridge Capitalと3L Capitalがリードし、BDT&MSD Partnersの関連クレジットファンド、Vista Credit Partners、Temasek、Slow Ventures、およびAssembly Venturesも参加した。調達の一環として、Metropolisは6.5億ドルのローンと10.5億ドルのシリーズC優先株式調達を行う。

Metropolisは、既存の駐車場にコンピュータビジョンシステムを装備し、クレジットカードのスワイプや現金での支払いなしで「入って出る」ことができるようにしている。Metropolisの駐車施設を利用するために、顧客は名前、ナンバープレート、電話番号、および支払い方法を提供する必要がある。アプリからは、訪問内容を確認し、リアルタイムで価格を知ることができる。Metropolisは車両を追跡し、オーナーに自動的に料金を請求し、車両が出発した後に領収書をメールで送信する。

Metropolisは、アメリカ合衆国とカナダ全域に広がる大規模な駐車場を所有し、160箇所の空港での駐車場およびシャトルバスの運営を含む3,300箇所以上の駐車施設を管理しているSP Plusを通じて、確立された公開企業のビジネスを手に入れた。

Metropolisのインフラは2022年6月時点で約600の駐車施設を支えており、昨年にはナッシュビルに拠点を置く駐車場およびスペースの運営会社であるPremier Parkingを買収し、現在はSP Plusを含めて360以上の都市で運営しており、年間40億ドル以上の支払い処理を行っている。

Metropolisは、プラットフォームからの洞察を活用して、駐車施設のスタッフ配置、価格設定、メンテナンスに関する情報を提供し、食料品店、コーヒーショップ、その他の店舗との提携など、地元のビジネスとも提携してアプリ内のプロモーションを行っている。

Metropolisの買収は、SP Plusの株主承認、規制当局の承認、通常のクロージング条件の承認を受けることが予想され、2024年に完了する予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら