AIインフラ大手VAST Data、新たな資金調達で評価額が90億ドル超に急上昇

Image Credits:VAST Data

AIインフラ大手VAST Data、新たな資金調達で評価額が90億ドル超に急上昇

uniqorns編集チーム 2023.12.06

VAST Dataは、AIの時代のためのインフラストラクチャレイヤーを作成する技術企業であり、本日、シリーズEの資金調達で1億1800万ドルを調達したことを発表した。このラウンドは、Fidelity Management&Research Companyをリード投資家として迎え、New Enterprise Associates(NEA)、BOND Capital、Drive Capitalも参加した。この投資により、7年前の評価額37億ドルから、同社の評価額は約3倍の91億ドルに成長した。

VAST Dataは、データをシステムの思考、反応、発見の中心に置く新しいカテゴリーのインフラストラクチャを提供し、組織が最も重要なデータの課題に取り組み、技術、経済、社会的ダイナミクス、科学的研究における前例のない進歩を実現できるようにする。

報道によれば、ラウンドからの一部の資金は既存株主への株式買い戻しに充てられる予定である。
VAST Dataは、2016年にエンタープライズのためのデータストレージを簡単にするという使命で設立され、統合データプラットフォームに進化した。このプラットフォームは、ストレージ、データベース、コンテナ化されたコンピュートエンジンサービスを組み合わせたシングル、スケーラブルなソフトウェアスタックである。

このプラットフォームには、簡素化されたデータ管理と処理のエクスペリエンスがあり、NvidiaやCoreWeaveなどのパートナーからのサポートもある。大量のデータを容易かつ迅速に取得し、統合し、学習することができ、次世代のAI駆動型アプリケーションの可能性を開拓する。

これには、AI支援のディスカバリーも含まれる。機械がディスカバリーのプロセスを再現して、生命を救うような世界の最大の課題を解決し、数十年かかっていた専門化レベルを数日で達成することができる。

最後に、プラットフォームは収集したデータをその基本的な特性の理解に変換する。これは、VAST DataEngineによって行われる。これは、データセンターとクラウドリージョンを1つのグローバルな計算フレームワークに統合するグローバルな関数実行エンジンである。SQLやPythonなどのプログラミング言語、イベント通知システム、およびAIパイプラインの管理を容易にするマテリアライズドおよび再現可能なモデルトレーニングをサポートする。

VAST Dataは、既に世界的に顧客と従業員の基盤を持つ大規模な存在だったが、AIに焦点を当てた統合プラットフォームの発売により、その地位をさらに強化した。この提供は、Zoom、Allen Institute、Pixar Animation Studiosなどの多くの大手企業によって利用されている。

2021年9月に統合データプラットフォームを発表した際、VAST Dataの累積ソフトウェア販売は10億ドルを超えた。同社は、年間対比で3倍以上の成長を達成し、過去12四半期でほぼ90%のグロスマージンとプラスのキャッシュフローを維持していると発表した。

この資金調達により、VAST Dataは将来のAIの進歩のための基盤を築き、AI企業の数々の注目を集める方法を具体化する予定である。しかし、具体的にどのようにして企業がプラットフォームを拡張し改善するかはまだ見定められておらず、異なるセクターで急増しているAI企業の注目を引くことができるかどうかも不明である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら