AI訓練のためのクラウド基盤を提供するCoreWeave、23億ドルの借入金を確保

Image Credits: CoreWeave

AI訓練のためのクラウド基盤を提供するCoreWeave、23億ドルの借入金を確保

uniqorns編集チーム 2023.08.03

AIトレーニング向けのクラウドインフラストラクチャを提供するCoreWeave(コアウィーブ)が、23億ドルの借款を確保したことが明らかになった。ラウンドステージは未公表で、既存投資家のBlackstone(ブラックストーン)とMagnetar Capital(マグネターキャピタル)がリードし、Coatue(コートゥ)、DigitalBridge Credit(デジタルブリッジクレジット)、Pimco(ピムコ)とCarlyle(カーライル)が管理するファンドや口座も参加した。これは、今年4月に実施したシリーズBラウンドでの2億2100万ドルの調達、5月のラウンドの延長での2億ドルの調達に続くもので、CoreWeaveの累積調達額は今回のラウンドを受けて約57億6500万ドルに達した。

CoreWeaveは、2017年にMichael Intrator(マイケル・イントラター)、Brian Venturo(ブライアン・ベンチュロ)、Brannin McBee(ブランニン・マクビー)により設立された。設立当初は仮想通貨アプリケーションに焦点を当てていたが、最近数年間で一般的なコンピューティングおよび生成AI技術、特にテキスト生成AIモデルにピボットした。CoreWeaveのGPUは、パラレルに多くの計算を行う能力を持つことから、今日の最も優れたモデルの訓練に適している。

CoreWeaveの新しいデータセンターでは、約2万台のGPUが一箇所に設置されており、これは従来のクラウドプロバイダが提供するものよりもはるかに多い。

CoreWeaveは現在、NvidiaのGPUをクラウド上で提供しており、AIと機械学習、視覚効果とレンダリング、バッチ処理とピクセルストリーミングなどのユースケースに使用されている。また、最近ではNvidiaとパートナーシップを結び、3500台以上のH100を備えた「AIスーパーコンピュータ」を発表するなど、特別なプロジェクトにもインフラストラクチャを適用している。

同社は現在、115人以上のスタッフを雇用しており、昨年の同時期と比較して150%増加している。この成長は、今年初めにクラウドレンダリングプラットフォームのConductor Technologies(コンダクターテクノロジーズ)を買収したことによる一部である。

また、CoreWeaveはこれまでの調達により、14のデータセンターを年末までに達成するという目標に向けた「財務的な余裕と柔軟性」を提供するために、23億ドルの借款を確保したと述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら