Allara、女性の慢性的なホルモン疾患のためのテレヘルスプラットフォーム、1,000万ドルのシリーズAラウンドを調達

Image Credits: Allara

Allara、女性の慢性的なホルモン疾患のためのテレヘルスプラットフォーム、1,000万ドルのシリーズAラウンドを調達

uniqorns編集チーム 2023.10.18

Allaraは、ポリシスティック卵巣症候群(PCOS)や子宮内膜症などの慢性的なホルモン疾患が女性に広く存在する一方で、しばしば診断されずに適切な治療を受けられない状況を改善するため、ニューヨークを拠点とするテレヘルススタートアップである。Allaraは、資格のある医療専門家や登録栄養士と女性をつなぐことを目指している。

PCOSは女性不妊の最も一般的な原因の一つであり、米国の生殖年齢の10人に1人、つまり5百万人の女性に影響を与えている(CDCによると)。また、世界中で約10%の女性、つまり1億7600万人が子宮内膜症を患っている。

これらの疾患が広く存在するにもかかわらず、慢性的なホルモン障害の患者はしばしば長年にわたる苦しみを経験し、世界保健機関によれば「世界全体で70%のケースが診断されていない」とされている。

AllaraのCEO兼創設者であるRachel Blankは、自身がPCOSの適切なサポートを得ることの難しさを経験している。彼女は21歳でPCOSと診断され、数年間の原因不明の健康問題の後にそれを知った。

Allaraは、総合的なアプローチと、ホルモンと代謝ケアに精通した産婦人科医、女性の健康看護師、内分泌学者、および登録栄養士からなるケアチームでこれを変えることを目指している。Allaraの専門諮問委員会を率いるのは、Dr. Heather Huddleston氏であり、彼女はカリフォルニア大学サンフランシスコ校のPCOSクリニックのディレクターでもある。

グーグルベンチャーズをリードに、Great Oaks Venture Capital、Humbition、Vanterra、Gaingels、およびOne Medicalの創設者であるTom Lee氏やMaggie Sellers氏などのエンジェル投資家の参加を得て、AllaraはシリーズAラウンドで1,000万ドルを調達した。この資金調達により、Allaraの総調達資金額は1,750万ドルになった。

Allaraの仮想ケアプラットフォームは、患者がホルモン、代謝、婦人科疾患に関する継続的な医療、ライフスタイル、栄養、感情的なサポートにアクセスできる月額サブスクリプションサービスを提供し、改善された健康状態を実現することをサポートしている。同社によれば、Allaraとの協力を始めた患者の75%が1か月以内に改善を実感している。

Allaraは、専門的なPCOSケアから、ホルモン、代謝、婦人科疾患を持つ女性の包括的なケアサービスに拡大している。

Allaraは昨年だけで患者数が5倍に増え、Cigna、Anthem、Aetna、Empire、United Healthcareなどの主要な保険会社と提携し、全米の約3,000万人の被保険者に品質の高い医療を提供している。

シリーズAの資金は、Allaraが保険カバレッジを拡大し、患者ケアを継続するためのヘルスシステムとのパートナーシップを立ち上げ、臨床研究を実施し、現在のケア(研究に基づいたサプリメントと患者の要望に基づいたメンタルヘルスサービス)を拡大するために使用される。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら