Ascend Elementsの5億4200万ドルのシリーズDで電池リサイクルが過熱

image credit:Ascend Elements

Ascend Elementsの5億4200万ドルのシリーズDで電池リサイクルが過熱

uniqorns編集チーム 2023.09.12

リチウム電池リサイクルのベンチャー企業に与えられる資金調達が急増しており、最新のIRA駆動のアップサイドを受けるのはAscend Elementsである。同社は、5億4200万ドルのシリーズD資金調達を発表し、これに加えて過去のDoEグラントで4億8000万ドルを調達している。

この8年間にわたる会社は、リチウム電池をブラックマスにリサイクルし、カソードアクティブ材料(CAM)および前駆体カソードアクティブ材料(PCAM)を生産している。同社は、数億ドルの最近の資金調達をケンタッキーの製造施設に投入し、ブラックマスを持続可能な、バッテリーに適した材料に精製することを目指している。

デカービューム・パートナーズがAscend ElementsのDラウンドをリードしました。シンガポールやカタールのファンド、クライメートテック投資家のFifth Wallなど、その他の有名投資家も参加している。

Ascend Elementsによると、同社はすでにマサチューセッツとミシガンのパイロット施設でこの作業を行っており、2024年末にオペレーションを開始する予定のケンタッキー工場で、さらに多くのバッテリーレディな材料(PCAM 20キロトン/年)を生産することを目指している。Ascend Elementsの現在の顧客には、HondaやSK Battery Americaが含まれている。

アメリカでは、特に、VCは使い古されたバッテリーを新しいものに変える役割を果たす企業に多額の資金を提供している。Ascend Elementsの5億4,200万ドルの他にも、今年の他の取引には、Redwood Materialsの1億ドルのDラウンド、Nth Cycleの5,000万ドルのシリーズB、Green Li-ionの2,050万ドルの"前シリーズB"が含まれる。これに加えて、エネルギー省は、中国で生産されたバッテリーに依存しないようにすることを目的として、アメリカのバッテリーリサイクル技術を支援するために1.92億ドルを投じている。

最近の取引の流入は、2021年のクライメートテック資金調達フレンジーを思い起こさせるが、PitchBookのデータによると、バッテリーリサイクル企業のグローバルVC資金調達額は、数年前のピークからまだ遠く離れている。2021年第3四半期、PitchBookは9件の取引で25億ドルの資金調達を追跡した。今年の同じ四半期(残り数週間を含む)には、同社は7件の取引で15億ドルの資金調達を記録した。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら